読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(留学二ヶ月目)シンガポールの病院行ってきた

シンガポールで風邪を引いた。(二度目)

原因はおそらく冷房による喉の乾燥。

 

前回は一日暖かくして寝ていたら治ったんだけど、今回はキツそうだったので病院に行くことに。なんといっても食欲が沸かない上、何にしてもやる気が起きないのがつらい。

病院の場所はオーチャードにあるJapan Green Clinicである。日本人に人気のある病院で、ルーミーによるとめちゃくちゃ高い場所らしい。

ぼくは高額な保険料を払っているのでタダな上、交通費も領収書をとっていれば出してもらえるらしい。なのでタクシーでオーチャードまで直行した。日本だとタクシーは高級品だったけど、こちらは安いしサービスも同等以上だし最高である。

大学が田舎にあるため、オーチャードは二回目だ。初回は友だちと町田商店のラーメンを食べに来て、色々と散歩した。
f:id:MOOClearn:20161013113930j:image

 

診察は簡単なものだった。例のごとくロキソニンとその他2つの薬を貰って、オーチャードを散歩。

やはり具合が悪く、汗が大量に出るのに体は寒いというチグハグな状況に苦しむ。しかし身体の声を無視し、また町田商店へ…(ホントあほ)
f:id:MOOClearn:20161014041814j:image

おいしい、おいしいが味がよくわからない…喉も痛い…頼まなきゃよかった…。総計30S$でまあいい息抜きになった。

 帰ってきてからまた爆睡。夜まで寝ていた。

 

明日からはいつも通りの日常に戻れるといいな。そんな留学生活二ヶ月目。真剣に勉強をしたくなってきた。

欲しいもの

欲しいものを考えるとモチベーションが生まれる。というわけで現時点で欲しいものをまとめてみる。

 

 

SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2
 

 フルサイズマウント。やはり上手い人はフルサイズを使っている傾向があるので、自分もフルサイズを使ってみたい。またキャノンやニコンのカメラは大きさ、デザインからして好みではないのでSONYをチョイス。この精悍なデザインは好み。

 

 

 

 

SONY SEL85F14GM

SONY SEL85F14GM

 

 

 

 

ソニー FE 70-200 F2.8 GM OSS※Eマウント用レンズ(フルサイズ対応) SEL70200GM

 

 新しく発表されたGMレンズ。単焦点ポートレートにしか使わないが、やはり欲しい。これだけあれば他のレンズは超広角以外必要ないと思われる。

 

 

 

 

 ジンバル。ちゃんとした映像ではスライダーを用いたいが、普通使いでどれほど効果があるのか試してみたい。

 

 

 

三脚。安物アルミ三脚でカメラを何回も地面に叩きつけている&強風で夜景がブレブレになる現象に苦しめられている身としては、カーボン三脚が欲しい。あとアルミだとスライダーのっけたときに重みで傾く(笑)

 

 

 スライダー。オシャレビデオ撮るには必須の品。これで世界中のきれいな風景を撮りまくりたい。

 

 

 

 

はやりのドローン。いいなあ欲しいなぁ…サンプル動画をみると、安定している映像が撮れることがわかる。

 

 

MARTIN HD-28V アコースティックギター

MARTIN HD-28V アコースティックギター

 

 カメラは終わり。ギター編。

YouTubeで"桜さくころ"の演奏動画をみて、いたく感動したのがキッカケでこのギターが欲しくなった。低音の優しさがたまらない。

 

ヤマハ サイレントギター ナイロン弦仕様 ナチュラル SLG200N NT
 

 サイレントギター。僕はヤマハを信用しているので、ナイロンでもいい音を出してくれると信じている。(この価格を出すならば、中古で1970年代のものを買ったほうがいいのかもしれないが…)

 

 

APPLE MacBook Pro Retina Display(15.4/2.3GHz Quad Core i7/16GB/512GB/Iris Pro/GeForce) ME294J/A

APPLE MacBook Pro Retina Display(15.4/2.3GHz Quad Core i7/16GB/512GB/Iris Pro/GeForce) ME294J/A

 

 MacBook。そろそろ新しいのが出るだろうが、新しくなるたびに買い替えたい。今年Windowsに戻ってきて、システムの使いづらさと通知のウザさに嫌気がさしっぱなしなので早いところ買い替えたいものである。

 

 


f:id:MOOClearn:20161011164834j:image


f:id:MOOClearn:20161011164843j:image


f:id:MOOClearn:20161011164854j:image

あとはTATODESIGNの住居など。全然素人なのでよくわからないが、こういうような不動産仲介はとてもワクワク*1する。

 

 

以上。とても*2ワクワクしながら書いた。

*1:o(´∀`)o

*2:o(´∀`)o

タイ旅行

タイを旅行してきた。感想をば。

 

1 インフラ

1-1,クレジットカード

現地移動では基本的にUBERを利用した。しかしGPSが悪いのか、私は運転手がワープする現象に振り回され、ときには回転しながら後進していくタクシーを待つのにヒヤヒヤした。途中から嫌気がさしGrabというタクシーアプリに変更しようと思い立ったが、クレジットカードを新規登録しようとしても現地発行ではないため登録ができなかった。また帰りの飛行機をthai lion airで予約しようとしても同様に失敗した。

私は当初クレカを使えると思っていたため、使うぶんだけお金を引き出していたのだが、上記の理由により計5回ほどATMでお金を引き出すことになり、そのつど手数料600円ずつを引かれた。悲しい。

1-2,衛生面

屋台の衛生面が気にかかった。落ちた食べ物を素手でもとに戻したり、虫が何匹も止まっていることが当たり前だった。タイは気温が高い地域なので、仕方がないのか…。

 

2 人

2-1,ボッタクリ

私が旅行してきたのはバンコクとその周辺だ。4日間滞在して感じたのが、"サービスの質が悪い"ということだった。外国人に対して容赦ないボッタクリが横行しており、サービス全般を信じることができなかった。

2-2,英語

私は当初英語を使えると踏んでいたのだが、こちらではほぼ使えなかった。言葉が通じない不便さは、日本とSGに慣れていた私にとって筆舌に尽くしがたいものがあった。一部の大学を卒業しているものや大学生は私より断然流暢に英語ができた。ただサービス業に従事している人は、簡単な会話で精一杯であった。

2-3,観光客

観光客の質が低かった。国で人を分けることにあまり意味を覚えていなかったが、こちらでの華人の振る舞いは目を見張るものがあった。電車でぶつかる、舌打ちをする、順番を守らない、大声でしゃべる…そして集団で嵐のごとく通り過ぎていく彼らであった。

 

何よりこの旅行で感じたのは貧富の格差だった。

カフェでMacBookをイジる大学生がいる傍らで、1000円という価格で自分を売る人や一日コンビニで働く人がいるワールド。どことなく居心地の悪さを感じながら行動していた。

 

微笑みの国と聞いていたため楽しみにしていたが、結果優しい微笑みではなく邪悪な微笑みをみることとなった旅行であった。完。

(教訓)格安航空の予約は航空会社から行うべき

どうも、こんにちは。現在深夜4:33。こんな時間まで何をやっていたかというと、明日のフライトを予約し直していました。

 

僕は明日から一週間タイに旅行に行きます。学生の身でお金がないのでできるだけ安く行こうと思い、skyscannerを用いて数日前に航空券を予約していました。往復7000円のチケットでえらく安いなあと思いながら予約したのですがこれが軽率でした(´Д`)

Ctripという仲介サイトを経由して、jetstar航空を予約したのですがここで私はCtripの会員登録を済ませませんでした。check-in baggageなぞいらぬ!と意気込んでいたので、最低料金を選択し続けた結果(あっ・・・)

 

機内持ち込み7kgのみで一週間

 

という愚かな結果になってしまったのです。今日の夜にパッキングをはじめて絶望しました。なにせ衣服しか入っていないカバンでほぼ7kgなのです。

焦った私はjetstarの預け荷物を追加で注文しようと思いました。AirAsia Xを利用した際にはそのような旨のメールが何件もきており、かんたんにアップグレードできるものだと思っていたのです。公式サイトにある通り、追加料金は25S$・・・まあ仕方ないかといった感じでしょうか。

www.jetstar.com

し・か・し!

なんとCtripにもJetstarにもログインできない。よくよくCtripから送られてきたメールを読むと、baggageの変更は不可能とある。当日チェックイン時にアップサイズをすると、支払う追加金額はなんと60S$となってしまうのです。

 

ポケットに三脚と一眼カメラを押し込み、上着にipadと充電器を入れる変態オジサンになり重量検査を乗り切ろうと思ったのですが、そこまでする精神が私にはありませんでした。てゆうか機材に申し訳ない。

結果、おとなしくタイガーエアの公式サイトからチケットを予約し直しました。

 

片道70S$で結局追加料金より高くなってしまったのですが、この際仕方がない。みなさんも格安航空を利用する際は気をつけてください。

 

(教訓)

1.skyscannerレビュー欄のctripの評価が☆1だったにもかかわらず利用した結果、計10000円ほどの損失を負ってしまいました。総計されたレビューが全体的に正しかったので、情報ソースはよく選ばなければならないと思いました。

2.重量オーバーでお金取る仕組みは携帯通信会社の手口に似ているなあと感じました。

AOJ Introduction to Programming終わった

AOJのIntroduction to Programmingが終わった。言語はC++。期間は休日の三日間。

オンラインジャッジではじめるC/C++プログラミング入門
 

 上記の本を使って、バックスラッシュ打てない問題に苦戦しながらも、(面倒なところは飛ばして)一通り終えた。

何も見ずに独力でPassできると変な達成感があった(笑)

 pythonとの違いは、いちいち型を宣言しなきゃならないことが一番大きい。あと配列の大きさを定義しなきゃいけないとか。

まだビット操作とかそういう基礎的なこと、そしてアルゴリズムの応用的なことが何もわかっていないのでこれからという感じだ(^o^)

コーディング面接

C++の環境構築が辛かった。

pythonと同じようにjetbrain社のIDE使えばイケるやろ→デバックってなんや・・・(絶望)

f:id:MOOClearn:20160918021735p:plain

ということでそうそうに諦め、Visual Studioなるものを試すことに。これも結構苦戦したが、なんとか動かすことに成功。

 

 

 ゴリ押しWorldこんにちはっ!!!

f:id:MOOClearn:20160918022041p:plain

f:id:MOOClearn:20160918021926p:plain

 

本題。エンジニアになるとかいっておきながら、コードを書くことのできない私はまず本を読みましたとさ。

上の本によるとIT企業にしろ外銀のクオンツにしろ、そういうエンジニアになるためにはアルゴリズムなるものを理解していないとやばいみたいだ。

基礎的、と謳っているが私からしたらまるで異世界ランゲージ。連結リストってなんですか、O記法ってなんですか。

 

基礎力・・・圧倒的基礎力不足っ・・・!!

 

ということでAOJ始めてみました。

AIZU ONLINE JUDGE: Programming Challenge

もともとpythonいじってたときに少し解いてたんだけど、C++で再チャレンジしてます。

コーディング面接入門:2015年基本編: 外資系企業への就職・転職を目指される方のための

「え、こんなレベルでいいんですかっ!?」

って言えるようになるぞ!!

 

ps. UdacityのアルゴリズムはLesson 4で挫折しました。いや、これ・・・!?って感じで心が死んでしまいました(泣)

 

 ↑イライラして偉そうになっとる・・・

Intro to Algorithms(Udacity)

UdacityのIntro to Algorithmsを始めた。言語はおなじみpythonである。

 最初は楽ちんなのだが、後半に行くに連れて難しくなってきて

 愚痴ばかりになってきた。

 

流れとしてはグラフ理論から始まって

 

 ソートとかの統計量解析の話題にうつり次に合わせ技を食らわせる。そしてNP完全性と最後はIntro to CSと同じく余談。

 

ここまでやってきたんだけど、習ってないこと平気で使うからやや辛い。