山手線、満員電車対策

満員電車。ああ満員電車。

 

どれほどこいつに苦しめられてきただろう。精神をすり減らされただろう。こいつにのることは苦行や修行の類である。

 

学校や会社が揃って9:00開始なこと、狭い土地に多くの人口が詰まっていること。諸々に要因があるが、ベターな方向に変えていくのはわしの力では無理安倍ちゃんお願い。

というわけで、満員電車でどういう風に生き残っていけばいいか満員電車通学生活3年目にして気がついたこと書く。

 

1.時間を変える

多少の遅刻が許されているのなら、20,30分ずらすだけでも相当に空く。

f:id:MOOClearn:20171104181932p:plain

kawalabo.blogspot.jp

 山手線を例にすると、最も混雑しているのは馬場→品川の朝ラッシュであるが、九時をすぎると一気に人が少なくなるのがわかる。

わしは新宿→目黒間を山手線で移動するのだが、このデータは体験的にも妥当だと思った。九時をすぎると人がいなくなる。

 

ということで時間をずらせる人は、なんとかしてずらしましょう。

 

2.車両を選ぶ

とはいっても、名誉社畜の皆さんや出席必須の授業を取っている奴隷学生諸君ら(え、自虐)は決められた時刻に戦地へと赴かなければならない。

そんな方々におすすめなのが車両をKAERUという解決策だ。

f:id:MOOClearn:20171104181936p:plain

kawalabo.blogspot.jp

f:id:MOOClearn:20171104182702p:plain

 

上記からわかるのは、内回りにしても外回りにしても1号車にのればいいということである。個人的体験談としては、3号車のほうが空いている印象であるが。

 

というかこの記事は河本さんのブログの劣化版紹介であり、なにが言いたいかというと河本さん最高ですということです。

彼のブログを読みましょう。

みんなも賢く通勤/通学ライフを!